Big Bad Bingo
ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
アヒルクロック
ブクログ
Twitter
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
飲み会☆
昨日(14日)は野球部仲間たちとの飲み会で、今日(15日)はメモにも書いたとおり母と犬連れで阿蘇に行ってきました。
とりあえず今日は昨日の飲み会の話。
仲間内では「野球部裏OB会」と称して、年に2〜3回みんなで集まってワイワイ飲むのがここ数年の恒例行事となってるわけなんですが。
今回は、神奈川からの帰省の日程がどうしても合わなかったシュウくんと、奥さんが入院中(盲腸だそうで…)のシンヤくんは残念ながら欠席。
それ以外の5人が集まりました。
(あ…1人頭数に入れられてない人がいる;汗)


まぁだいたいいつも同じ面々が集まったら、昔話と現在の近況と野球の話と、あと行方不明wのユカイ君の話で3,4時間はゆうに語れるんですけどw
でも、わたし以外の4人はみんな結婚して子供もいるので、ちょっとその辺になると話に入っていけない自分がいるんですけどね…
でも、そういう話を幸せそうに話してくれるのも嬉しかったりします。
もう一人のマネージャー・ジュンちゃんなどは、再婚した旦那さんの連れ子が、もう中学生で、中学の野球部ではなくボーイズリーグに入って硬式野球をやっているそうで、息子の野球の練習や試合に朝早くからついて行ったりしなくちゃいけないなんて話していて、うひぇ〜すごいなぁ、と感心することしきりですよ。
あたしゃ1回だって嫁にも行けてないのに…Orz
ほかのみんなも、子供がもういろんなことをしゃべるようになったとか、いたずらしたりいろんなことを覚えてくる、だとか、そんな話をしているのを聞いていると、楽しい反面いつも自分が情けなく思えてきたりもするんですけどね…


毎回思うしここにも書いているんだけど、たとえ年に何回かしか会わなくても、みんなが元気で、幸せでいてくれるってことが、自分にとっても幸せだなぁって、ホントこのメンバーに関してはそう思えるんだよね。
で、この人たちはきっと、これから先年をとっても、何年も経って会わなくなったとしても、きっとわたしのことを忘れないでいてくれるだろうし、自分も彼らのことを忘れないだろう、っていう風に思える。


一応飲み会自体は1次会でお開きになって、23時にはちょっと早め?にお開きになったんだけど、そのあと、まだ時間大丈夫だってことで、わたしとリョージくんの2人で店を変えて飲み直しながらちょこっと語り合いました。
まぁちょっと、大人数のときには話せないようなディープな内容とかもありつつ。
と言ってもわたしとリョーちんは変な関係では決してありませんけど(リョーちん既婚者だし)
なんつーか、多分、男とか女とか関係なしに、「あ、コイツなら話しても大丈夫」的な信頼感があるんですよね。
男女の友情が成り立つか、というよくある質問に答えるとしたら、絶対彼とは友情が成り立つと自信持って言えるんですよね。
リョーちんも「アイカだったら口堅そうだし話してもいいなと思える」と言ってくれたし。
なんかね、それってすごくうれしいなって思うんですよ。
多分、女として好きとか言われるよりもうれしいと思う。
そういう信頼感が、高校の時の、野球というスポーツでみんながひとつに結びついてた時間、そこから始まっているんだっていうことも、すごく誇りに思う。


10月に、野球部のOB会の懇親会をやろうという話になっていて(それは、うちの学年だけじゃなくて全体のOBでなんですけども)、それにもみんなできるだけ参加したいと言ってくれているし(わたし何故かそれの実行委員みたいになっちゃって話し合いとかに参加させられてるんですけども)。
また会えるっていう確約があるだけで本当、毎日頑張れるっていうか。
今回も、盆休みになればみんなに会える、っていう気持ちがあったから毎日頑張れてこれたんだよね。
みんなはどうかわかんないけど、わたしにとってはある意味、心の支えっていう部分があるんですよね、ホント。
10月にまたみんなと会えるって思ったら、多分毎日きつくてもまた頑張っていける。


そういう友達に恵まれているってことだけは、本当に誇れます。
いつまでたっても、何年たっても、彼らはわたしの大切な「仲間」なんです。

| 愛すべき人たち | comments(0) | - | aika |
おばちゃん
今朝の会社でのS氏とパートのおばちゃん(50代後半)の会話。


おばちゃん:「ちょっとS君、これ、わかるように書いてよ〜」

S氏:「わっかるでしょ〜!!俺ちゃんと図面にも描いてるんですからね?
見ればわかりますって!自分で見てくださいよ」

おばちゃん:「わからんよ〜
優しくないねぇ〜S君は・・・」

S氏:「そりゃあ〜そうでしょ〜
若い女の子だったらそりゃ俺だって優しくしますよ〜」

おばちゃん:


「いいやないの〜
20歳の女の子が3人いると思えば〜♥


20歳の女の子×3人>おばちゃん5*歳?


ちょwwwおばちゃんwwwww
それは無理wwwwwwwwww


でもウケタ( ^,_ゝ^)プッ


今度からわたしもそう言うかな
「16歳の女子高生が2人いると思って!」って。


んなバカな( ̄∇ ̄;)


| 愛すべき人たち | comments(4) | trackbacks(1) | aika |
恒例飲み会
たった今飲み会から帰ってまいりましたん。

恒例の野球部仲間との飲み会だったんです。
わたくしめは高校時代野球部マネ子だったので、卒業後10年以上たった今でも、野球部仲間との交流は脈々と続いているわけです。

このサイトの日記の中ではしつこいくらい何回も言ってるんだけど。
彼らは本当にわたしにとっては大事な大事な仲間たちです。
ウチのガッコは決して強い学校ではなかったし、大会でもすぐに負けてばっかりだったけど。
でもそれでも、彼らと一緒に過ごした時間は何物にも換え難い貴重な経験であり、今日の自分があるのは彼らと共に同じ目標に向かっていた自分があの時いたからだ、と言っても過言ではないと思っています。
もっとも、あの日の自分に胸をはれる生き方を今の自分ができているかと言えば、必ずしもyesとは言えないけれど。

今回は本当は、去年(と言うか実はもっと前だったらしいが)結婚していた坂ちゃんのお祝いをするはずだったのが、何か結局彼にも金払わせてしまって申し訳なかったなー・・・
色々事情があるみたいではあるけども、それでも幸せそう。
もうすぐ子供が生まれるシンヤくんもとっても幸せそう。
そういう姿を見ていて、自分もホントに素直に心からうれしいと思える、ということは、それもまた幸せなことだと思う。
この中の誰もがみんな、元気で幸せでいてくれること、それがわたしにとっても幸せなことだと思える。

そして、彼らだけは。
遠くにいても、なかなか逢えなくても、わたしのことを忘れないでいてくれてる。

本当に幸せだと思っています。

それにしても、居酒屋で男相手に女が1人飲みながら
「あぁ〜、昔のダイエー(ホークス)はねぇ、ダメだったよねぇ!
いい選手結構いたんだけどねぇ、佐々木とか松永とか湯上谷とか岸川とか!」
とかってグラス片手に野球話(しかも過去の)を語る姿って本当嫁に行けない理由を如実に物語っていてイヤですねぇ。

| 愛すべき人たち | comments(2) | trackbacks(0) | aika |
ウチの弟は26歳独身です。
わたしも人のことは言えませんが、いまだに独り立ちもせず実家でのうのうと暮らしています。

そんな彼は今日、仕事から10時過ぎに帰宅。

食事をするのかと思いきや。
いきなり部屋で機動戦士ΖガンダムのDVDを見始めました。

母親が「アンタ食事はどうするの?食べるの?食べないの?」と聞くのも無視。

1本のDVDに4話ぐらい収録されているようですが、それを全部見終わってからようやく食事を始めました。
迷惑な話です。

ここ最近毎日のようにZガンダムのDVDに見入っています。
おかげでΖのことで知らないことはないみたいです。
ガンダム全般に詳しいようですが中でもΖが好きなようです。
毎日睡眠時間を削ってでも見ています。
唯一の休みである水曜にも、1日中ゲームかΖガンダム。

趣味はプロレス(他K1など格闘技系)を見ることと格闘ゲームをすることとガンダムのDVDを見ることとガンプラを作ること。
(最近は時間なくてさすがにガンプラは作ってないけど)

なんかそこだけ見てるとすっごくアキバ系に近いものを感じます。
実際そうなのかもしれません。
メイド服に萌え〜とか(公には)言ってないだけまだましかもしれません。

彼女はおろか女の子の友達がいるかどうかもわかりません。
年中、男の子たちとつるんでばかりいます。
でもその友達にはきちんと彼女(あるいは奥さん)がいるんですけどねぇ。

姉としてはものすごく不安になるわけです。
イヤ、わたしも人の心配をしてる場合ではないんですけど・・・

えっちな本とかは所持してるみたいなんで(って言うかわかる場所に置くんじゃない)
男子としては正常なようなんですけども・・・

まぁ、ガンヲタはそんなに珍しいことじゃないし、格闘技ファンも別に悪いことだとは思わないけど。
休みの日に寝たいだけ寝たあと、ひたすらゲーム三昧、っていうのはやっぱり人としてどうなのかと・・・

って書いてて気づいたけどわたしも全然人のこと言えないわorzガクリ
ゲームしてるかネットしてるかの違いだけじゃないか・・・


こんな姉弟に未来はあるのでしょうか。

| 愛すべき人たち | comments(4) | trackbacks(0) | aika |