Big Bad Bingo
ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
アヒルクロック
ブクログ
Twitter
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 高校野球決勝戦 駒大苫小牧vs.早稲田実業(ネタバレ) | main | 悪玉コレステロール男 >>
子猫殺し
坂東眞砂子さんの文章とそれについての議論等々は昨日の夜中にざっと読んだんだけど、ことの是非はともかくとして(まぁ「むやみに命を奪う」発言を支持はできませんが)この人は果たして自分の書いた文章を、きちんと全部読み直してから編集者に渡しているのだろうかと疑問に思った。
言っていることに矛盾点が多すぎるよね。
動物にとっての生が、人間に干渉されることなく自然のままに生きること、と言うなら、彼女が子猫を殺すことは十分過ぎるほどの「干渉」じゃないの?
それこそ人間の都合のいいように解釈してるようにしか思えないのだけど。
仮にも作家を名乗るのであればきちんと終始一貫した内容でないとねぇ。
だからどうして殺すという行動に至るわけ?と首を傾げざるを得ないもんね。
それになんで、この文章をわざわざ自ら公の場で公表しようと思ったのか、それがよくわからない。
事実であろうがなかろうが、別に言わなくていいじゃん。
彼女は作家という立場で、世に名も知れ渡っている人で、そういう人がこんな文章を世に発表したらどうなるか、ってことを考えたなら尚更だと思うのだが。
誰かも言ってたけど、自分の書く文章に酔ってるとしか思えないよね。
まぁ、ここで一個人が何を言おうと、彼女は今日も子猫を崖に投げ捨ててるかもしれないし、鶏の屍骸に喜んでいるかもしれないのだけど。
それにまず、わたし、この人の本読んだことないしね

けど、犬を飼い始めたからわたしもいろいろ考えるけど。
責任持って飼うってどういうことだろうと。
ぶっちゃけた話をするけど、うちの親はほとんど勢いでわんこを買ってきて、最初は仔犬だから寝てばっかりで大人しいし、かわいいかわいいって感じだったけど、しばらくしてだんだん慣れてくると、ミニチュアダックスっていうのは意外と獰猛で、よく吼えるし噛み癖もひどいし、それに、朝は夜が明ける前から鳴き始めて夜は人間が眠る時間に寝てくれない、という状態になってきて、完璧にこれまでの生活リズムを崩されたわけ。
レオが来て1ヶ月経つころには、寝不足が頂点に達したうちの両親は2人揃って「こんなに大変だとは思わなかった」「全然躾ができない」と弱音を吐き始め、あまつさえ「誰か引き取ってくれる人を探そうか」「買ったところに引き取ってもらおうか」と、人が聞いたら呆れることを言い出した。
わたしは「犬の世話がどれだけ大変かなんてことぐらい、買うときに考えなかったのか」「たった1ヶ月で、しかも生後2ヶ月の仔犬に躾が簡単に出来るわけないだろう」と、諭したりしたけれど、もうホントに冗談じゃなく本気で、現在ミニチュアダックスを飼ってる従姉に引き取ってもらおうかとか言い出すので、「無責任にもほどがある、大の大人が小学生以下の無責任さだ」と怒り狂ったんだけどね。
ウチには小さな子供はいない、分別あるはずの大人4人しかいないんだけどね。

今現在は、レオ君の生活リズムも大分落ち着いてきて、余裕も少し出てきたので、両親揃って動物病院のしつけ教室に通って色々教わったりしてるんだけど。

でも、そういう安易な考えで飼い始めて、こんなはずじゃなかった、ってなる人って結構いると思う。
しつけがきちんとできないまま大きくなってしまって、手がつけられなくなると、わんこを安楽死させる人もいるらしい。
それこそ人間のエゴでしかない。
色々言い出したら、しつけをして人間の生活に順応させること自体も、犬やネコから見たら、人間からの押し付けでしかないのかもしれないし。
じゃあ責任もって飼う、ということはどういうことなのか?
動物の命を、生を、尊重するとはどういうことなのか?
考え始めたら、キリがない。
情けないかな、ウチの両親も、たとえ一瞬でも、ひとつの生を、命を、人間の都合で振り回そうとした、という意味においては、坂東さんのことを一概に否定できるものでもない。

坂東さんが本っっっっっ当に、動物を飼うこと、動物の生を尊重することを、熟慮に熟慮してああいう行動をしているのであれば、もしかしたらあの文章は、ウチの親みたいな、動物を飼うことを安易に考える人への警鐘の意味があるのかもしれないけど。
(本当に警鐘となり得てるかどうかは、これまた別として)

でも、例えばね、アレが、「わたしはこうやって責任を果たしているつもりだ。あなたたちはどうか?」とか、読者への問題提起という形をとった文章だったなら、もう少し違った反応があったかもしれないよね。
(あ、本人はアレでそういう文章のつもりなのか?)
イヤ、彼女の行動自体はそりゃあ賛否両論あるだろうけど。
というか決して褒められる行為ではないと思うけどね。
だけど、あの文章は読む限りでは、自己陶酔で完結してしまってない?
子猫を殺しています。だから何?という部分が欠如してません?
そりゃあ読む方は「( ゚Д゚)ハァ?」だわな。

例えばこの文章を子供に読ませて、動物は責任もって飼わなくちゃいけませんと教えたなら、絶対に誤った道徳観念とか価値観が備わってしまうよね、その子供には。

作家さんなら、周りに及ぼす影響とかをもちっと考えてから文章を世に出して欲しいなぁと思うわけ。
それも計算のうちって言われれば返す言葉もないけどね。
新聞という不特定多数の人が見る場所に「殺す」って物騒な言葉を何回も何回も書いてるのも果たしてどうかと。
(まぁ殺人事件のニュースがあれば日常茶飯事的に出てくる言葉ではあるけど)

あんまりこういう意見とかってのは書かないほうなんだけど、犬を飼い始めたことで、見過ごせない話であったので、出来るだけ感情論にならないように書いたのだけど、ダメかな?

ちなみに坂東さんの件の記事全文はここにあります。
ヘタレなのでトラックバックしません。
| つぶやき | comments(4) | trackbacks(1) | aika |
飼って1ヶ月で弱音吐くなんて〜〜〜。
お父さんお母さん甘すぎます!
私なんて生活リズム狂いっぱなしですよ〜〜〜(T▽T)

そりゃうちもあまり躾は出来てないんだけどね・・・。
テレビとかで見るような飼い主に従順な犬とまではいかなくても
人に噛み付いたり(あま噛みじゃなくてね)、吠えっぱなしで近所迷惑になったりがなければいいと思ってます。
Mダックス飼ってる友達、たくさんいるんだけど
ギブアップしてる友達はいないから
頑張ればできるさー。
| ミニ | 2006/08/25 11:38 AM |

書き忘れた。
坂東眞砂子って人・・・狂っとる!!!
絶対変!!
| ミニ | 2006/08/25 11:40 AM |

坂東氏は今年の春に角川書店からだした恋愛小説「血と聖」がまったく売れなかったことにショックをうけて精神的に不安定になっていたのです。某賞を獲れるように会社をあげて工作すると編集者が約束したので構想八年の力作を渡したのに、蓋をあけてみたら鳴かず飛ばず、気の毒な面もある。しかし肝心の作品が藤本ひとみの二番煎じでは致し方なし。
| 屍の聲 | 2006/08/25 5:00 PM |

>ミニさん
まぁウチの親もいい歳だからね、わたしらのようには行かないのよw
わたしは朝が苦手なんだけど毎朝レオ君が起こしてくれるおかげで寝坊がなくなったけどねww
近所にヨークシャー(9歳♂)飼ってる人がいるんだけど、その人も「まだしつけなんかうまく行くわけないよ!3、4ヶ月の仔犬がいきなりいうこと聞くほうがおかしいよ」って言ってたしね。
気長に頑張ればなんとかなるかな。

坂東さんについてはねぇ・・・ホントにまったくねぇ。
百歩譲って、処分しなくちゃならないにしてももっと方法が色々あるだろうにねぇ。
どんな御託を並べようとも、子猫をがけの上から平気で投げ捨てられるっていうのはちょっと正気の沙汰じゃないよね、誰が見ても。

>屍の聲さん
はじめまして。そんなことがあったのですか。
情報ありがとうございます。
まぁ、作家さんも作品を作り上げて世に出すにはいろんな(書く以外のことも含め)苦労もあるでしょうからね、報われなければ参ってしまうのもわからなくはないですが・・・
本文にも書いたけどわたしはホラー小説は読まないから、、坂東さんの作品も読んだことないので、逆に一体どういう文章を書く作家さんなのかと気になり始めました。こういう、わたしのような人に存在を知らしめることができて、実は坂東さんサイドはしてやったりなのかもしれないですね・・・
| アイカ | 2006/08/27 3:18 AM |










http://bigbadbingo.dolphin-song.com/trackback/204033
坂東眞砂子
『神様家族』は桑島由一によるライトノベル作品。メディアファクトリー・MF文庫Jより刊行。また、同作品を原作にした漫画、アニメーション作品。
| 何でも情報 | 2006/09/10 7:32 PM |